水道修理の際に気を付けるべきこと

水道修理の際に気を付けるべきこと 水回りのトラブルはいつ起きてもおかしくないものです。水道の蛇口や給水管、排水管にはそれぞれ寿命があり、一定期間を過ぎればいわゆる経年劣化が起こって破損、あるいはトラブルに見舞われます。このようなトラブルは予測不能であり、何事かが起きてからそれに対処することが一般的です。しかし、このようなその場しのぎのやり方はあまりよくありません。なぜなら、水漏れなどのトラブルが起きた時には、かなり悪化していて大規模な工事になってしまうことも多々あるからです。そのため、できることなら家じゅうの水回りには常に注意を払い、定期的な自己点検をするべきです。こうすることでトラブルが大きくならないうちに対処できますし、自分で修理をすることも可能です。もし、自分で行うことに自信がない場合は、信頼できる専門業者に定期的な点検を任せるのも良いでしょう。

■簡単な水道 修理なら自分でしてみよう

定期的な点検で水道のトラブルを見つけたら、それがどんなトラブルなのかを見極めます。その上で、もし自分で直せそうなら直してみるのも手です。しかし、これにはきちんとした見極めが大切で、見極めを誤るとかえって大ごとになる可能性があるため注意が必要です。
水道のトラブルにおいて素人が手を出せる範囲は限られています。まず、修理ができるのは基本的に外に出ている部分のみです。家の中を通っている配管や、温水器、ウォシュレットなどの器具は下手に手を出さない方が無難です。なぜなら配管は一度壊してしまうと取り返しのつかないことになりますし、電化製品は感電の危険があるからです。
素人が手を出せるのは、蛇口や給水管、排水管のゴムパッキンの交換、あるいは給水パイプ、排水パイプの交換や修理などです。これらのことならば一度やってみる価値があります。うまくいけば次回からは慌てずに処理することができるようになります。ただ、もし自信がない時には手は出さずに専門業者に連絡をした方が安心です。

■業者は慎重に選ぶ
水道のトラブルが起きて、自分では直せないと判断したら、次に専門業者に頼むことになります。ただし、どこでも良いというわけにはいきません。なぜなら同じ業者でも客への応対が良い業者、悪い業者とあり、あるいは値段もまちまちだったりするので、きちんと調べて見比べた上で依頼するようにしましょう。この業者選びをいい加減にすると、後々トラブルにつながる恐れもあります。また、業者によって値段が違うこともありますが、それは技術にも相違があるからです。業者選びは慎重にして、価格、技術、応対などいくつかのチェック項目に沿って選ぶようにすれば間違いがありません。

■トラブル箇所

水道のトラブルが発生する場所は限られています。それはキッチンやトイレ、洗面所、風呂場、洗濯機などです。これらの箇所を丹念に調べることで、トラブル箇所は特定できますし、その時に自分で処置できるかどうかも判断できます。自分で処置する場合は、必要な部品をホームセンターなどであらかじめ買っておきましょう。このとき最初からパッキンなどの口径を把握しておけば、慌てて買いに行かずに済み、時間の節約にもなります。

■まとめ
水道の修理は、自分でしようとすると大変なものです。建物が老朽化していたりすると、当然その家の給排水管も経年劣化しているわけで、下手に触って事態を悪くしてしまうことも考えられます。水回りの処置は簡単なようで意外と難しいものです。また、古い家の場合に注意しなくてはならないのは、家で使われているパイプなどの材料がホームセンター等で販売されていないこともあるという点です。こうなると取り寄せに時間がかかったりして、早急に処置できないことにもなりかねません。水道のトラブルは眼前のことであり、水漏れは待ってはくれません。たとえ自分で修理が可能なことであってもダメな場合は、速やかに専門業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース